ラグビー初試合

🏉ラグビーの初試合

私のラグビーの初試合は、公式戦の秋季大会でした。四月に入部して九月頃まで試合が無かったかと言うと、あったと思いますが記憶にありません。

 

中学生の時に好きだったバスケットボールと決別することになったオスウッドは、高校入学時には回復していましたが、きっと肩車をしてのスクワットだと思いますが、痛みが再発しましたが、だましだまし練習をしていました。痛みは次第に増して来たので、接骨院に通っていました。部活が終わると直行で接骨院に行って電気マッサージをして貰っていました。12ヵ月で痛みが無くなりました。練習は皆に遅れるのが嫌で休みませんでした。

痛みは早く治そう

 

👣人生最大の怪我

確かこの頃に記憶の中では当時人生最大の怪我をしました。実はラグビーではありません。体育の授業のマット運動で前方回転をして右足首を思いっきり捻挫しました。走って行って床に両手を着いて一回転して両足で着地すると言う技です。どうしてもお尻かせ落ちてしまい、何度も挑戦していました。すると見事に飛べた感覚がありました。こう言う時は何故かスローモーションで記憶があるもので、両手を着いた後にタイミングが良かったのでしょう高く飛べた感覚があり、それまで天井だった視界が前方の壁に変わり両足で着地をしましたが、右足を捻って着地した様で立てませんでした。

 

クラスの担任でもあった陸上の神様と呼ばれていたN先生は、私が何度も挑戦して飛べたことに気付いた様で拍手をして、〇〇良くやったと叫んでいたのを覚えています。ところが着地失敗で、その先生に背負って貰い最寄りの整形病院に行きました。レントゲンを撮って骨には異常が無かったですが、自称重度の捻挫でした。その日は腫れるからと仮固定をし松葉杖を借りて帰宅しました。確か翌日、学校を公休で通院しギブスをしてから学校に行ったと思います。内出血をして足首は紫色なってかなり腫れました。着地した時から足首は熱い感じで、血がドクドクと患部に流れて、モワァとして身体中の血液が集まっている感じでした。動かすと痛かったですが、あまり痛い記憶は残っていません。

 

そんな捻挫があったので、秋まで試合は出ていなかったと思います。夏合宿は練習した記憶がありますので、1ヵ月位見学生活が続きました。

 

🐵夏合宿♨

私の高校の夏合宿は、色々な部が一斉に同じ地域に行く、学校一斉合宿でした。一年生の時は、猿ヶ京(群馬県)に行きました。天候に恵まれず、23日の合宿中、最終日だけが晴れたと記憶しています。下着が足りずに、宿の向かいにあった洋品店でパンツを買った記憶が残っています。確か台風が来ていて、2日目の夜にテレビのニュースで直撃とか言っていたので、明日は練習中止だなぁと先生を含めて、皆で話をしていましたが、台風一過の良い天気となったのでした。OBと酒盛りしていた先生は眼鏡の上に寝たらしくて眼鏡を壊して不機嫌でした。そう言えばいつの間にか先生も退院して復帰していました。最終日は午前中だけでしたが、折角晴れたのだからと、田んぼとなったグラウンドを走り回りました。

 

🏉そして秋季大会

私の初めての試合はロックでの出場でした。フランカーをやっていたのですが、引退したはずの3年生が二人、やり残したと夏合宿位から復帰したので、3年生にフランカーのポジションを奪われて、しかも夏合宿後にロックの同期が辞めてしまい、ロックでの出場となりました。試合が初めてなのに、やったことの無いロック、ただただボールを追いかけていました。実はロックと言ってもスクラムを組む場所が違う位で、ライン・アウトではジャンパー、レシーバーで無かったので、フランカーとやることはあまり変わりません。怪我している時に秋季大会の抽選会があり、女子マネージャーと一緒に行って抽選をして対戦相手がA高校と言う公立高校ながら全寮制で関東大会にも出場したことのある強豪だったのでした。試合は奮闘むなしく完敗でした。二人の3年生は今度こそ本当の引退で涙を流しながら、後輩の私達に期待を頑張れよと叱咤されて託しました。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity内の広告