ラグビー好きは、サンスポ

新聞を毎朝読んでいますか?

新聞を取っている家庭は多いと思いますが、新聞を読むのを楽しみにしている人はどのくらいいるのでしょうか。新聞の勧誘にさそわれて、ついつい契約してしまう家庭もあったりするのではないでしょうか。

 

新聞の勧誘の定番は、かつて、読売新聞では、巨人戦のチケットでした。内野指定席を貰って、父親と観戦に行ったことがあります。日本の五大新聞は、読売、朝日、毎日、産経、東京で、ほとんどの家庭は五大新聞なのではないでしょうか。たまに日経と言う家庭もある様です。

新聞屋さんの勧誘 

因みに勧誘には、駄目でモトモトと言う気持ちで、要求してみることをお勧めします。巨人戦のチケットであれば、一緒に行く当てがあれば、3枚・4枚貰うとか。行く人が2人であれば、2日分貰うとか。最初の2枚渡されたら、もう2枚頂戴とお願いします。チケットをくれなかったとしても洗剤やタオルなどをくれることもあります。

 

良く聞くのは、1週間の無料購読を試して、1ヵ月の契約をして、他紙に変更するのが、良いらしいです。1ヵ月毎に勧誘が来てくれるかは判りませんが、新聞屋さんのネットワークを大したものです。引っ越しをして来て、新聞屋さんが、勧誘に来ることはありますよね。その時に最初に来た新聞社と契約をして、次に来た新聞社と翌月から契約とすれば、毎月、お礼の品を貰えるそうです。

 

新聞を変えると、配達がされなかったり、忘れられてしまうことがあるので、届かなかったら、新聞屋さんにきちんと連絡しましょう。

 

私の実家では、ずっと読売新聞でした。巨人ファンだったからなのか。読売新聞を取ったから巨人ファンになったのかは判りません。私が小学生の高学年頃だったでしょうか。理由は判りませんが、突然新聞が変わりました。日経とスポーツ報知の2紙になりました。でも、23ヵ月で元の読売新聞に戻りました。

ラグビーはサンスポ 

私は結婚して、社宅に引っ越しした時も新聞屋さんが沢山、勧誘に来ました。数ある新聞の中から、私は迷わずサンスポにしました。ラグビー好きな人は判ると思いますが、サンスポ(産経スポーツ)には、必ず毎日、ラグビーの記事が載るのです。

私は毎朝、起きると、新聞を読むのが楽しみです。自宅はマンションなので、出勤の時に周りの家で新聞受けに新聞が刺さったままの家を見ると、読んでいないのかなぁと心配になります。

 

配達用のスポーツ新聞は、駅のキオスク、コンビニで売っているものと違いが二つあります。一つは、配達用にはテレビ欄があります。二つ目はスポーツ新聞のカンフル剤、アダルト欄がありません。

 

勧誘にやって来た、オジサンに片っ端から、サンスポを扱っているか尋ねました。ようやく扱っている新聞屋さんが来てくれて契約をしました。以来、新聞を読むことが楽しみな毎朝が続いています。休刊日で無いのに、新聞が届いていないと、必ず、新聞屋に電話して配達して貰います。

新聞の浮気はしたことはありませんが、試しに取りませんかと言うことで1週間の無料配達を利用したことはあります。読売だったとおもいます。でもそれきりです。ただ一般紙には広告が付いてくるのですが、サンスポにはありませんでした。私は気にしませんでしたが、妻は広告が欲しいとのことで、新聞屋さんに頼んだら、サンスポにも広告を入れてくれる様になりました。

ラグビーの情報源 

当時(昭和62(1987))頃の社会人ラグビーの関東社会人1部リーグ、2部リーグは、サンスポに結果だけですが、掲載をしてくれていました。公式戦が終了すると、時事通信、共同通信に電話、サンスポにFAXをします。月曜日のサンスポに試合結果が掲載されていました。他のチームの試合結果を知るには、唯一の方法でした。未だインターネットが普及する前です。今では各チームが試合結果をラグビー協会に連絡することにより、ラグビー協会のHPで情報更新してくれています。

関東ラグビーフットボール協会HP

関西ラグビーフットボール協会HP

九州ラグビーフットボール協会HP

 

研修会で、経理の時間に、講師が、どんな新聞を読んでいるか質問をして、世の中の動きを知らないといけないので、日経を読みなさいと勧めていました。質問をされた受講生の中には、日経を呼んでいる人はいませんでした。当てられない様に下を向いてしまいました…。

 

決して恥じることは無く、私にとっては、貴重な情報招集源だったので、胸を張っていれば良かったと後悔しています。でもその研修の経理の理解度テストでは散々たる結果でした。そんな結果も研修会が終わると、お酒の良い肴になり、お酒が進みます。

愛読していたラグビーワールド

当時のラグビーの情報源は他にラグビーマガジンとラグビーワールドでした。共に月刊誌なので、速報ではありません。現在もラグビーマガジンは健在でたまに購読しています。

 

ラグビーワールドはトップ・チームの他に、その下のレベルも対象に記事を掲載してくれていました。中でも、毎月締め切りまでにチーム紹介の原稿を提出すると、チームの紹介欄に掲載してくれていた、チーム紹介を楽しみにしていました。同格のライバル・チームやクラブチーム、大学のチーム紹介が毎月掲載されていました。

 

ラグビーワールド、いつの間にか、見なくなりました。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity内の広告