一番強いのはどこ?

南アフリカの優勝で幕を閉じた第九回ラグビー・ワールドカップ日本大会。

今大会三連覇を目指していたニュージーランド・オールブラックスに準決勝で勝ったイングランドとそのニュージーランド・オールブラックに初戦で負けたものの、その後は調子を上げて優勝した南アフリカ・スプリングボクス。

三つ巴

南アフリカ    > イングランド

イングランド   > ニュージーランド

ニュージーランド > 南アフリカ

なんか、じゃんけん みたいですね。

一番強いのは、どこなの?

ラグビー・ワールドカップで優勝したのは南アフリカ・スプリングボクス。

世界ランキングは南アフリカが12年振りくらいに一位になりました。4年サイクルのワールドカップで三大会前のフランス大会(2007)で優勝しています。

過去のワールドカップではプール戦で負けのあるチームが優勝したことは無い。と言うジンクスを覆しました。南アフリカは初戦のニュージーランドに負けていたのです。

負けの少ない順

大相撲のように負け数で並べてみますと、

全勝 なし
1敗 南アフリカ

イングランド

ニュージーランド

ウェールズ

日本

フランス

イタリア

2敗 アイルランド

スコットランド

アルゼンチン

オーストラリア

3敗 サモア

ナミビア

カナダ

トンガ

フィジー

ジョージア

ウルグアイ

4敗 ロシア

アメリカ

決勝トーナメントは、ノック・アウト・トーナメントと呼ばれているだけに優勝チーム以外は負けると終わりで、どこかで負けています。

優勝チームもプール戦で負けているのでベスト4の4チームが全て1敗で、プール戦1位通過のうちベスト8で唯一負けてしまった日本、プール戦で試合中止になったチームが引き分けになっています。

かつては強い順に並べると必ず下の方(弱い方)にいた日本が上位にいるのが、とても幸せです。

I think…

でもラグビー世界一は? とラグビー関係者に聞くと十中八九、ニュージーランド・オールブラックスと答えると思います。じゃあ、次に対戦したら、どっちが勝つかと言うとやっぱりニュージーランド・オールブラックスだと思います。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity内の広告