フットボールのあれこれ

ラグビーの始まり

ラグビーの発祥はイングランド。ロンドンの北にあるラグビーと言う街のラグビー校 Rugby Schoolで1823年に始まったとされています。

ラグビー校は、イングランドのパブリック・スクール(日本の中高生が通う私立学校)のひとつです。

フットボールのゲーム中に夢中になった少年がボールを持って走り出したのが起源とされていて、この少年の名は、ウェブ・エリス Webb Ellis、ラグビー・ワールドカップの優勝カップは、ウェブ・エリス杯と名付けられています。

球技最大の人数15人でプレーするこの競技を、私は最もタフな競技だと思っています。ボールを持っているプレーヤーは前にパスすること以外、何をしても良くて、好きなだけ、好きなように走って良いのが、ラグビーです。

ラグビーは、ボールを持って走りますが、誰でもいつでも何処でもキックをしても良いのです。ラグビーが始まった頃の得点は、キックを蹴ってゴールを決めるものだけでした。フットボールから始まったからです。

日本では、

1899年に最初のラグビー・チームが慶應義塾大学に出来ました。慶應義塾大学體育會蹴球部とラグビーの文字はありません。

ライバルの早稲田大学は、蹴球部からラ式蹴球部となり、現在ラグビー蹴球部と呼んでいます。ラグビー地方で始まった蹴球(フットボール)だからです。

ラ式蹴球部になったのは、ア式蹴球部が出来たためです。ア式蹴球部とは、アソシエーション式フットボールでサッカー部のことです。アメリカン・フットボール部は米式蹴球部です。

ラグビーリーグ

ラグビーは、1895年にラグビーリーグが分裂しました。日本ではリーグ・ラグビーと呼ばれています。一般的にラグビーと呼ばれているのは、ラグビー・ユニオンです。

リーグ・ラグビーは、プレーの継続性が無く、タックルが成立すると一旦プレーが中断して、プレイ・ザ・ボール足でボールを後に転がすことによって再開します。セット・プレーと呼ばれるスクラム、ラインアウトがありません。

走ること、パスすることに特化して進化しています。

サッカー

ラグビーとして発展した一方でフットボールは、1863年にイングランドのロンドンに設立されたフットボール・アソシエーションによってルールが整備されました。

Association Footballの呼び名を縮めたのがSoccerサッカーとなり、広まったらしいです。現在ではフットボール Footballと言うとサッカーを指すことが多いです。

枝葉はあるのでしょうが、フットボールは、1800年代中盤のイングランドでラグビーとサッカーに分かれました。ラグビーの元がサッカーなのでは無く、両方の元はフットボールで各々進化をしました。

サッカーは最も簡単なルールで、誰でもプレー出来ることから世界中に広まり、ワールドカップは世界最大のスポーツ・イベントとなっています。

得点がなかなか入らないので、得点した時の興奮は凄く熱狂的です。

アメリカン・フットボール

1869年にアメリカで最初のフットボールが行われたのは、サッカーに似たものでした。アメリカ独自のルールに進化をして、1874年が起源で1876年にラグビー選手の呼びかけによってルール整備がされました。

その後、進化をして現在に至っています。

アメリカでは、ベースボール、バスケットよりも人気があり、最も人気があるスポーツで国技のひとつです。プロ・リーグ NFLの決勝戦スーパー・ボールの人気は全米一で、指名手配中の犯人宛てに身内に招待券を送ると、犯人が観戦に来るほどだとか。

大学カレッジ・フットボールもとても人気があります。

高校のアメリカン・フットボール部の顧問曰く、人類究極のスポーツらしいです。確かにビデオ、上からの撮影、無線などをいち早く導入をして、自分達、相手の分析をゲーム中も行い、鍛えられた身体の優れた運動神経のプレーヤーが専門的なプレーをする。

頭と身体を使った究極のプレーと言うのも、納得が行きます。昔の人はアメリカン・フットボールのことをアメ・ラグと言っていました。アメリカのラグビーと言うことなのでしょう。

比較まとめ

そんな世界の主要フットボールを比較すると、

ラグビー
ユニオン
ラグビー
リーグ
サッカー アメリカン
フットボール
起源 1823年 1895年 1863年 1869年
発生地 イングランド イングランド イングランド アメリカ
競技人口 500万人以上 2億7千万人以上 2300万人
協会加盟国 117 30 211
ワールドカップ
第一回大会 1987年 1954年 1930年 1990年
前回大会 2015年 2017年 2014年 2015年
過去大会数 8回 15回 20回 5回
前回優勝 ニュージーランド オーストラリア ドイツ アメリカ
最多優勝 ニュージーランド オーストラリア ブラジル アメリカ
3回 11回 5回 3回
日本伝来 1899年 1993年 1873年 1920年
競技人口 125千人 600万人 2万人
選手人数 15人 13人 11人 11人
試合時間 前半40分
後半40分
前半40分
後半40分
前半45分
後半45分
15分
4クォーター
フィールド 100*70m 100*80m 105*68m 120*53.3ヤード
109.73*48.78m
得点 トライ5点
コンバージョン2点
ベナルティ・ゴール3点
ドロップ・ゴール3点
トライ4点
コンバージョン2点
ヘナルティ・ゴール2点
ドロップ・ゴール1点
ゴール1点 タッチダウン6点
ポイント・アフター・タッチダウン1点
ツーポイント・コンバジョン2点
フィールドゴール3点
セイフティ2点
得点方法 相手陣インゴールにボールを置く 相手陣インゴールにボールを置く ボールを相手陣ゴールに入れる 相手陣エンドゾーンにボールを運ぶ
ボール 楕円球
長さ28cm
縦外周74cm
横外周58cm
410g
楕円球
長さ27cm横外周60cm
383g

外周68cm
410g
楕円球
長さ27.2cm
縦外周70.5cm
横外周52.4cm
397g
手の使用 不可
前パス 不可 不可 足可
攻撃権 反則無ければ継続 6回 反則無ければ継続 4回
防具 マウスピース
ヘッドキャップ
マウスピース
ヘッドキャップ
脛当て マウスピース
ヘルメット
肩パッド
腿ガード
脛当て
主なルール ボールを後にパスしながら前に運びトライを狙う。ディフェンスはタックルしてボールを奪う。軽い反則、ボールの継続が出来ないとスクラムでプレーを再開。タッチ(横のライン)をボールが越えるとライン・アウトでプレーを再開。 6回の攻撃でトライを狙う。ディフェンスはタックルで攻撃を止める。タックル成立するとプレーが中断し次の攻撃を行う。 足でボールを蹴ってゴールを狙う。 4回の攻撃でタッチダウンを狙う。4回の攻撃で10ヤード進めないと相手に攻撃権が移る。1回の攻撃で1回だけ前にボールをパスしても良い。ディフェンスはタックルをして攻撃を止める。タックル成立、ボールが地面に付く、サイドラインを超えるとプレーを中断して次の攻撃から再開する。
最高年俸 2億円 79億円 24億円
English RUGBY
FOOTBALL
RUGBY
FOOTBALL
LEAGUE
SOCCER AMRICAN
FOOTBALL
漢字 ラ式蹴球 ア式蹴球 米式蹴球
中国語 橄榄球
gǎnlǎnqiú
足球
zúqiú
美式足球
měishì zúqiú

ラグビーが最強であるのは、走り続けること、生身の身体でぶつかり合うからです。1試合で約10km走ると言われています。走るだけなら実はサッカーの方が多くて1試合で15kmと言われています。

力比べは、ラグビーよりもアメリカン・フットボールの方が勝ると思います。しかしアメリカン・フットボールは専門性が強く、力持ちの人は、ぶつかって押すだけで、ボールに触ってはいけないポジションがあります。

瞬発力も走る専門のポジションのプレーヤーは、陸上選手並みの人もいるでしょう。

でも走って当たる総合力では、やはりラグビーが一番と自負しています。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity内の広告