ラグビー部のOB

🏉OB

顧問のH先生がいなかったからでしょうか。3年生が引退するとOBが指導に来てくれることが多くなりました。3年生の最後の大会、春季大会までは遠慮をしていたのか、最後の大会を観て、危機感を覚えたのか、経緯は判りませんが。私達は7期で1年生の頃に、3期生のOBが指導に来てくれました。

 

大きな身体のM先輩、自衛隊に行っていると言うフランカーで良く走るT先輩、お米屋さんの御曹司バックスのS先輩が良く来てくれました。1年生には優しく指導してくれるのですが、2年生には厳しかった様です。練習前に部室で着替えている時に2年生の先輩が良く悪口を言っていました。

 

OBの先輩達からはスクラムを組む姿勢やサポートに行くコース取なんかを教えて貰えて私は有意義でした。ただアタック・ディフェンス試合形式の練習になると、身体が大きく、体力があるので、力負けしてしまい手強かったです。練習試合にも応援・手伝いに来てくれて、水などを運んでくれていました、優しい先輩方でした。でも2年生や後から聞くと3年生(5期生)4期生の先輩達は皆、悪口を言っていました。一緒にプレーしていたので厳しい先輩だったのかなぁと想像出来ます。

 

 

□周りとの関係

公立高校のグラウンドは1面を色々な運動部で分担して使っています。

ラグビー部の隣は野球部とサッカー部、アメリカン・フットボール部です。

 

スポンサーリンク
Simplicity内の広告

⚾野球部

当時は運動神経が一番良い子が野球をやっていました。高校野球を始める人は中学で野球に自信のあった人で、中学で野球を始める人は小学生の少年野球で自信のあった人なので、いわゆる野球エリートの集まりです。中には、そう見えない人もいましたが・・・。野球部は紳士的でした。ボールがラグビー部の陣地に転がってくると、帽子を取って挨拶してくれます。しかも野球の硬球は硬くて当たると痛いので、野球部の方が凄く気を遣っていました。打撃練習は見たことが無いので、他の部がいない時に練習していたのでしょうね。普段の練習は守備練習ばかりだった気がします。野球部との関係はとても良好でした。

 

⚽サッカー部

隣同士ですが、半分から奥側だったので、あまり気にはなりませんでした。お互い陣地を侵すことはあまり無かったです。バックスの練習では、どうだったのかは判りません。サッカー部の人達は軽い人が多くて、とっても楽しい人達でしたので、部室からグラウンドに向かうのも一緒に話ながら行くことが多かったです。ですのでサッカー部とは仲良しでした。

 

🏉アメリカン・フットボール部

お隣さんでいつも隣り合っています。ラグビー部が陣地を侵害することはほとんど無いのですが。アメリカン・フットボール部はアタック・ディフェンス試合形式の練習になると、ボールが飛んできたり、プレーヤーが走り込んで来たりします。ルールは知っていたので、タッチラインにボールを投げることやタッチライン際の攻防で陣地を侵害して来るのは致し方無いなぁとも思っていましたが、そこは自分達の陣地を守る為にも、厳しく接しました。野球部の様に紳士的に謝ることも無かったので、同じ楕円球を使いながらも天敵でした。

 

教育実習

教育実習と言う先生を目指す大学生が、実習をしにやって来ます。私達のクラスの担任にはなりませんでしたが、ラグビーのOBが教育実習にやってくると言う噂を聞きました。個人的にはOBが来ると色々と教えてくれる。と期待をしていました。

 

ところが隣のアメリカン・フットボール部に行ってしまいました。ラグビー部のOBだと言うのは聞き間違いだったのかなぁと思いましたが、ラグビー部のOBですが、大学ではアメリカン・フットボールをやっているからと言うことでした。ラグビー部には全然来ないで、隣のアメリカン・フットボールに行ってしまうので、がっかりしました。

 

卒業をしてOB会とかで会うと、その後就職した会社のラグビー部に入った後輩のM君の親戚だった様で、無事に先生になり、ラグビー部の顧問になっていますので、めでたしです。

教育実習とは教員・先生になりたい大学生が四年生の時に一ヵ月間、実際の学校に行って先生の実習を行います。六月頃が多いようです。教育実習する学校は自分の母校を選択出来る様です。実習の後に各都道府県の教員試験があり、教員試験に合格して、無事大学を卒業して教員課程を修了すると教員・先生となれる様です。教員試験は私立の試験もあるそうです。

私達の高校に教育実習に来た人でその後、バスの運転手になった人もいたそうです。目標の難関の教員試験を突破して良い教員・先生になって下さい。

 

因みにラグビー部の顧問H先生は、教員になってから、暫く教育委員会勤めで初めて配属された学校が私の通った高校で、新設された時にラグビー部を立ち上げた熱血ラガー・マンです。クラブ・チームの代表も務めていました。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする