やっぱり、来た。早明戦

早明戦の再戦を期待していたファンを裏切らない結果はさすがです。完成されていない学生だからこそ、伸びしろがあります。半面、ちょっとした気の緩み、気持ちの持って行き方で勝負の行方は変わって来ます。そこが大学ラグビーの面白いところでもあります。

お正月・元日の花園、ベスト8をかけた闘い

荒波にもまれると強くなれる。流した涙の数だけ強くなる。ラグビーは一人だけ強くても試合には勝てません、みんなの力が結集した時にチームの力が発揮されます。勝つことを目標にしていますが、高校生活の集大成、みんなで取ったトライ、その誇りを胸に今後のラグビー界を引っ張って行って欲しい。

年を越せた喜び、高校ラグビー花園3日目

全国51代表のうち、花園で新年を迎えられるのは、勝ち上がった16校。シード校の13校とノーシードの3校、関東5、中部2、関西7、九州2校でベスト16校では西高東低です。うち公立高校が3校。闘った相手の分までお正月の花園でラグビーを楽しんでください。全力を出せるように祈っています。

花園から世界へ

聖地・花園に新たな歴史を刻むのは、どの高校なのか。辛くて苦しい練習を乗り越えてやって来た全国のラガーマン、若さあふれるプレーの裏には仲間を想う気持ちがあり、清々しいものです。日本中に勇気と感動を与えてくれるであろう熱い闘いを応援しましょう。

狼・おおかみの足跡

狼は決して人には媚びず、小さな身体でも群れでの行動により、大きくて強い相手にも勇猛果敢に闘う、賢い動物です。日出ずる国の狼はサンウルブズと呼ばれ、優秀な指導者、優秀なリーダーを得て、身体が大きくて足の速い、ラグビー先進国に挑戦し続けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク