ベスト8の闘いにいる幸せ

ベスト8。

準々決勝。

Quarter final、クォーター・ファイナル。

負けたら終わりと言う緊張感があるのがトーナメント。世界の強豪はここに合わせて調整して来ると言われています。

日付 KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
10月19日 16:15 大分 イングランド C1位 オーストラリア D2位 準々決勝1  
10月19日 19:15 東京 ニュージーランド B1位 アイルランド A2位 準々決勝2  
10月20日 16:15 大分 ウェールズ D1位 フランス C2位 準々決勝3  
10月20日 19:15 東京 日本 A1位 南アフリカ B2位 準々決勝4  

観る側にとっては、何試合も観れて何となくお買い得感がありそうですが、一日二試合は何とも贅沢でお腹一杯です。貧乏性なので贅沢になれません。

南高北低

南高北低と言われているラグビーの世界。イングランドで生まれたラグビーは海を渡り、全世界に広まりました。中でもオセアニアのニュージーランド、オーストラリア、アフリカの最南端・南アフリカでも人気となり、母国を上回る実力となりました。

第一回ワールド・カップで優勝したのはニュージーランド、第二回はオーストラリア、第三回は開催国の南アフリカ、北半球のチームが優勝したのはイングランドだけです。

第一回 1997 ニュージーランド
第二回 1991 オーストラリア
第三回 1995 南アフリカ
第四回 1999 オーストラリア
第五回 2003 イングランド
第六回 2007 南アフリカ
第七回 2011 ニュージーランド
第八回 2015 ニュージーランド

伝統を大切にしていて、プロ化の際には反対をして来た北のホーム・ネーションと面白いラグビーを追究して来た南の新興国。現在の実力は南のようです。

指導するヘッド・コーチの出身地が物語っています。8チーム中、南半球出身の指導者が7人です。

チーム ヘッド・コーチ 出身国
イングランド エディ・ジョーンズ オーストラリア
オーストラリア マイケル・チェイカ オーストラリア
ニュージーランド スティーブ・ハンセン ニュージーランド
アイルランド ジョー・シュミット ニュージーランド
ウェールズ ウォーレン・ガトランド ニュージーランド
フランス ジャック・ブリュネル フランス
日本 ジェイミー・ジョセフ ニュージーランド
南アフリ ラッシー・エラスマス 南アフリカ

北半球では自由な国フランス以外は南の強豪国に指導を託しています。ヘッド・コーチがゲームをするわけではありませんが、そこにたどり着くために導くのは彼らの役目。

観戦記

贅沢な試合の個人的な感想です。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告

第一試合

イングランド vs オーストラリア

プールC 1位  プールD 2位

ラッキー・ボーイ的な活躍をするプレーヤーが出てこないと厳しいなぁと思っていたオーストラリアの実力、運動量世界一のバック・ローのキャプテンのマイケル・フーパーと鋼の肉体デービート・プーコックを活かすのは、前に出るバックスの破壊力だが、イマノワラビーズにはそれが無い。優勝候補でもあるイングランドはキャプテンのオーウェン・ファレルの適確なゲーム・メークで伝統ある特徴のフォワードの強さを活かすラグビーで当たり強さがじわじわと効いてくる。スピードでかわしたいワラビーズが逃れられない。

第二試合

ニュージーランド vs アイルランド

プールB 1位    プールA 2位

優勝候補筆頭のニュージーランド(毎回そう言われています)。前回大会に比べるとビック・ネームが抜けて小粒感がありました。キャプテンのリッチー・マコー、司令塔フライ・ハーフ(スタンド・オフ)のダン・カーター、核弾頭センターの突破役ノヌー、つなぎのセンターのコンラッド・スミスが前回大会で引退しています。しかし新しい有力プレーヤーが出てくるのがラグビー王国ならでは。フライ・ハーフとして定着して来たボーデン・バレットを足の速さが活かせるフル・バックに持って来てリッチー・モ・ウンガ、ジョージ・ブリッヂ、ジャック・グーハー、セヴ・リースのTB陣は若くて代表になりたてですが、南の強国四ヵ国で争うチャンピオン・シップから経験を積ませて来て、やはり世界一の実力だなぁと感じさせてくれました。司令塔のジョニー・セックストンが怪我をしての交代なのかキックが本調子で無かった感じがしました。プールのサモア戦でレッド・カードにより退場となったセンターの突破役でバックスの要バンディー・アキが出場出来なかったことは大きく影響していたと思います。Kiwiに嬉しい結果となりました。

第三試合

ウェールズ vs フランス

プールD 1位 プールC 2位

今年の二月のシックス・ネーションズでは開幕戦のゲーム。フランスが先制しウェールズが後半追い付く接戦をウェールズが1トライ差で勝利しました。イングランド戦こそ大敗したフランスですが、勝てずとも弱くは無いというのが現在の実力。六年ぶりとなる優勝をグラウンド・スラムで制したウェールズは一時、ニュージーランドを抜き世界ランキング一位にもなりました。ひらめきのラグビーとシャンパン・ラグビーの復活は、オールド・ファンとしては待ち望んでいたところ。シャンパン・ラグビーが随所に見られましたが、気性の荒さも昔ながら、レッド・カードが痛かった。※シャンパン・ラグビーとは、シャンパンの泡のように次から次へとボールをサポートするプレーヤーが湧き出て来ることから、フランス発祥のシャンパン・ラグビーと例えられています。

第四試合

日本 vs 南アフリカ

プールA 1位 プールB 2位

過去の対戦は一勝一敗のイーブン。過去の歴史で相手にされなかったことが万が一あったとしても事実は確かです。四年前の初戦で緊張感によって硬くなっていて、格下相手を舐めていて足元をすくわれたのとは違い、伸び伸びとワールドカップの地・日本の感覚に馴染むための前哨戦とでは全然両チームとも心境は大きく異なります。正直、4試合の準々決勝の中で予想が一番難しいです。個人的には当然、日本に勝って欲しいし、順位的にもプール1位が全て勝っているのですから。南アのディフェンスのプレッシャーがもの凄かった。悔しい・・・負けて当たり前では無いから悔しい。ここまで連れて来てくれてありがとう。

怒涛の様に駆け巡った、クォーター・ファイナル。続きは準決勝です。セミ・ファイナルも勿論見逃せません。

準決勝と決勝の予定

日付 KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
10月26日 17:00 横浜 イングランド C1位 ニュージーランド B1位 準決勝1  
10月27日 18:00 横浜 ウェールズ D1位 南アフリカ B2位 準決勝2  
11月1日 18:00 東京 準決勝1敗者 準決勝2敗者 3位決定戦  
11月2日 18:00 横浜 準決勝1勝者 準決勝2勝者 決勝  
スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする