格好良いヘッド・キャップ

格好良いヘッド・キャップ

間違えない様にして欲しい。ヘッド・キャップをしても脳震とうは無くならない

 

ヘッド・キャップをしたからと言って、頭の事故が防げるかと言うと、防げないものは防げない。

 

では、何でヘッド・キャップをかぶるのか。ほとんどの人は、やる気スイッチを入れるため。

ヘッド・キャップをかぶることによって、気持ちを高めて、闘争心を掻き立てゲームに挑むと言うプレーヤーが多い。

 

ヘッド・キャップの役割

怪我の予防としては、頭の外傷を防ぐ。頭の皮は突っ張っているので、衝突により、切れることがある。スパイクで掻かれたりすると出血するので、保護する目的。

 

プロップ、ロック、フランカーなど、耳がこすれて痛いので保護する。特にロックはスクラムでプロップとフッカーのケツの間の頭を突っ込むので、耳がこすれる。

 

雨降りの日は、気温が低く、耳の感覚がなくなっているのに、濡れた短パンに、砂利なんか付いていたら最悪。

 

緩衝材のクッションが入っているので、脳震とうの緩和には役立つ。マウス・ピースも脳震とう防止には役立つ。

 

ヘッド・キャップの歴史

かつては、頭の天辺は十字型で、長髪だと、隙間から髪の毛がはみ出していた。血気盛んな高校生でパンチパーマなんかかけているとモコモコと髪の毛が溢れていた。

ヘッド・キャップとは日本的な言い方で、海外ではヘッド・ギア Head gearと言う。日本のヘッド・キャップも商品名は、ヘッド・ギアとなっている。

 

もともとは、スクラム・キャップと呼ばれていて、耳の保護が目的だったが、両耳をつなぐ後頭部にクッション材を採用して、頭の保護もする様になった。

 

日本では、高校生以下のプレーヤーはゲーム中の着用が義務付けられている。

 

花園の全国大会に出て来る高校や県大会の有力校では、ジャージのデザインと合わせてヘッド・キャップもチーム・カラーにした学校名を入れた特注品を使用している。

私は弱小公立高校だったので、自前。色は白で統一していた。表面が合成皮革のマジック・テープ固定式が流行り出した頃だった。

 

花園常連校や強豪校出身のラガーマンは、大学・社会人になっても母校の高校のヘッド・キャップを着用しているプレーヤーもいる。決して新しいヘッド・キャップが買えない訳では無い。親しみがあり、愛着があるのでしょう。

ヘッド・キャップの購入 

子供用

Sサイズ、Mサイズ

うちの子がラグビー・スクールで始めた頃(小1の頃)は、皆これ。チーム分けの時にヘッド・キャップの白チームと赤チームで分かれた。

セプター製

楽天で購入、▷Amazonで購入 

大人用

XS、S、Mサイズならば、子供でも大丈夫。

カンタベリー製(一番人気)

ちょっと値段高め

楽天で購入、▷Amazonで購入

ミズノ製


楽天で購入、▷Amazonで購入
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

スズキ製

楽天で購入

アディダス製


楽天で購入、▷Amazonで購入

セプター製


楽天で購入、▷Amazonで購入

インパクト製

派手な特徴ある柄

悪魔の実みたい
楽天で購入、▷Amazonで購入

アシックス製


楽天で購入、▷Amazonで購入

アンダーアーマー製

大人サイズのみ



楽天で購入、▷Amazonで購入

 


高校生で無くても、チームのジャージのデザインに合わせた特注のヘッド・キャップは、目立つし格好良い(場合が多い)

 

きゃしゃな身体だと、マッチ棒みたいに見えたりしたこともあった。

 

記憶に新しいところでは、スポーツ史上最大の番狂わせを演じた、2015年のラグビー・ワールドカップのイングランド大会の対戦相手の優勝候補の一角、南アフリカ・スプリングボクスのベテラン・ロック、ヴィクター・マットフィールド Victor Matfieldが国旗柄のヘッド・キャップを着けていました。

楽天で購入

 

このゲームには出られなかったが、前回(2011年のニュージーランド大会)で悔しい思いをした、日本代表のホラニ龍コリニアシのヘッド・キャップも桜柄で心意気を感じた。

楽天で購入

 

六ヵ国対抗では、スコットランドのプレーヤーが、スコットランドらしいタータン・チェック柄のヘッド・キャップを着けていて、お洒落だと思った。

楽天で購入、▷Amazonで購入
 

第三回の南アフリカ(1995)ワールドカップの影響でヘッド・キャップの形が変わった。ニュージーランド・オールブラックスのオープン・サイド・フランカーのジョシュ・クロンフェルド Josha Adrian Kronfeldが着けていたヘッド・キャップが斬新だった。

頭の天辺も全部覆って、大仏みたいに緩衝材がくっついている。相当、頭を守ってくれそうなデザインだった。ヘッド・キャップを取るとスキン・ヘッドで傷ひとつ付いてない。

 

そー言えば、ウェールズやスコットランドでは、ねずみ色(灰色、銀色と言うと少し格好良くなる)のヘッド・キャップを着けているプレーヤーがいる。西洋の騎士の様で強そうな印象がした。日本の兜だと角が邪魔になってしまう。

因みに、正面にテープを貼ってメーカー名を隠しているのは、スポンサーで無いメーカーのヘッド・キャップを使用しているから。

国旗柄のヘッド・キャップをたまに見かける。

息子が、神戸製鋼の正面選手が着けていたイナズマのヘッド・キャップが気に入り、KOBELCO STEELERSに問い合わせて購入先を教えて貰った。IMPACT製特注ヘッド・キャップはこちらから

安全にラグビーを楽しむために、頭のサイズに合ったヘッド・キャップを選ぼう。

ラグビーワールドカップ



スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity内の広告