第99回全国高校ラグビー花園日程

高校生ラガーマンの集大成・最高峰の闘いがいよいよ始まります。

  毎年年末から年始にかけて行われる全国高等学校ラグビーフットボール大会は今回が99回目。高校ラガーマンの聖地・東大阪の花園ラグビー場で行われます。

開催期間

12/27(金)~1/7(火)

開催場所

東大阪市花園ラグビー場

メイン会場の第一グラウンド、隣の第二グラウンド、陸上競技にも使用される多目的な競技場の第三グラウンドの天然芝のグラウンドが三面あります。最寄り駅は近鉄の東花園駅。高校野球の甲子園同様、高校ラガーマン憧れの地・聖地です。▷花園

出場校

全国47都道府県から代表校が出場します。

北海道、東京、大阪は複数校が代表になります。北海道は北と南から出場。東京は二校が出場、春の大会の成績により第一地区、第二地区に分けて出場校を決めます。大阪は三校が出場、春の大会の成績により第一地区、第二地区、第三地区に分けて出場校を決めます。合計51校が出場します。

第99回大会の出場校はこちらから

日程

スポンサーリンク

第一日目(12/27)一回戦

日程 対戦 会場
1 12/27 12:00 長崎北陽台高校 vs 桐生第一高校 第3グラウンド
2 12/27 12:00 坂出第一高校 vs 青森山田高校 第2グラウンド
3 12/27 12:30 玉島高校 vs 浦和高校 第1グラウンド
7 12/27 13:20 米子工高 vs 黒沢尻工高 第2グラウンド
12 12/27 13:20 大分東明高校 vs 飯田高校 第3グラウンド
8 12/27 13:50 熊本工高 vs 関商工高 第1グラウンド
13 12/27 14:40 高鍋高校 vs 札幌山の手高校 第2グラウンド
17 12/27 14:40 松山聖陵高校 vs 旭川龍谷高校 第3グラウンド

▷一回戦の結果

第二日目(12/28)一回戦

日程 対戦 会場
22 12/28 10:00 尾道高校 vs 仙台育英学園高校 第3グラウンド
28 12/28 10:00 名護高校 vs 静岡聖光学院高校 第2グラウンド
18 12/28 11:15 報徳学園高校 vs 山形中央高校 第1グラウンド
29 12/28 11:20 若狭東高校 vs 郡山北工高 第3グラウンド
33 12/28 11:20 鹿児島工高 vs 茗溪学園高校 第2グラウンド
23 12/28 12:35 山口高校 vs 日川高校 第1グラウンド
34 12/28 12:40 城東高校 vs 新潟工高 第2グラウンド
38 12/28 12:40 光泉高校 vs 本郷高校 第3グラウンド
24 12/28 13:55 石見智翠館高校 vs 富山第一高校 第1グラウンド
39 12/28 14:00 高知中央高校 vs 秋田中央高校 第2グラウンド
40 12/28 14:00 近畿大学付属和歌山高校 vs 朝明高校 第3グラウンド

▷一回戦の結果

第三日目(12/30)二回戦

シード校出場

日程 対戦 会場
36 12/30 9:00 34の勝者 vs 日本航空石川 第3グラウンド
31 12/30 9:30 佐賀工高 vs 29の勝者 第2グラウンド
42 12/30 9:30 40の勝者 vs 御所実業高校 第1グラウンド
14 12/30 10:15 13の勝者 vs 中部大春日丘高校 第3グラウンド
25 12/30 10:45 24の勝者 vs 23の勝者 第2グラウンド
41 12/30 10:45 39の勝者 vs 38の勝者 第1グラウンド
15 12/30 11:30 常翔学園高校 vs 12の勝者 第3グラウンド
19 12/30 12:00 18の勝者 vs 國學院大栃木高校 第2グラウンド
35 12/30 12:00 大阪桐蔭高校 vs 33の勝者 第1グラウンド
9 12/30 12:45 7の勝者 vs 東京高校 第3グラウンド
20 12/30 13:15 東福岡高校 vs 17の勝者 第2グラウンド
30 12/30 13:15 28の勝者 vs 流通経大柏高校 第1グラウンド
10 12/30 14:00 東海大仰星高校 vs 8の勝者 第3グラウンド
4 12/30 14:30 桐蔭学園高校 vs 1の勝者 第2グラウンド
26 12/30 14:30 京都成章高校 vs 22の勝者 第1グラウンド
5 12/30 15:15 2の勝者 vs 3の勝者 第3グラウンド

▷二回戦の結果

第四日目(1/1)三回戦

日程 対戦 会場
6 1/1 10:30 4の勝者 vs 5の勝者 第1グラウンド
27 1/1 10:30 26の勝者 vs 25の勝者 第3グラウンド
11 1/1 11:55 10の勝者 vs 9の勝者 第1グラウンド
32 1/1 11:55 31の勝者 vs 30の勝者 第3グラウンド
16 1/1 13:20 15の勝者 vs 14の勝者 第1グラウンド
37 1/1 13:20 35の勝者 vs 36の勝者 第3グラウンド
21 1/1 14:45 20の勝者 vs 19の勝者 第1グラウンド
43 1/1 14:45 41の勝者 vs 42の勝者 第3グラウンド

▷三回戦の結果

第五日目(1/3)準々決勝

1/1の対戦終了後に抽選で組合せ決定

日程 対戦 会場
44 1/3 10:30 1/1の勝者 vs 1/1の勝者 第1グラウンド
45 1/3 11:55 1/1の勝者 vs 1/1の勝者 第1グラウンド
46 1/3 13:20 1/1の勝者 vs 1/1の勝者 第1グラウンド
47 1/3 14:45 1/1の勝者 vs 1/1の勝者 第1グラウンド

▷準々決勝の結果

第六日目(1/5)準決勝

1/3の対戦終了後に抽選で組合せ決定

日程 対戦 会場
48 1/5 12:45 1/3の勝者 vs 1/3の勝者 第1グラウンド
49 1/5 14:30 1/3の勝者 vs 1/3の勝者 第1グラウンド

▷準決勝の結果

第七日目(1/7)決勝戦

日程 対戦 会場
50 1/7 14:00 48の勝者 vs 49の勝者 第1グラウンド

▷決勝の結果

高校生特別ルール

安全を考慮して試合時間は30分ハーフ。ヘッド・キャップの着用、スクラムの押し合いは1.5mまで など一般のルールと違います。こちらから

観戦について

ラグビーはライブで観るのが最高に面白い。全国高校ラグビーは一日券で丸一日楽しめます。三日目は最大16試合が観られます(同時刻の試合があるので全ての試合を丸々は観られませんが)。行ったり来たりと結構忙しくて、第二グラウンド、第三グラウンドは座る場所がほとんど無いですが、見応えありますよ。一般自由席1,200円(中学生以下無料)。当日券もあると思いますが、前売り券があると券売所で並ばなくて済みます。こちらiconからどうぞ。大会期間(12/27~1/7)中はいつでも一日限り使用出来ます。

大阪まで行けない人は、大阪毎日放送(MBS)が全試合をインターネットで無料配信してくれます。県大会決勝から事前チェック出来ますのでこちらからどうぞ。

高校日本代表候補

毎年、春に卒業してから海外・欧州に遠征をする高校日本代表(U-18)の候補メンバーです。ラグビーは個人競技ではありませんが、上手い選手はボールを持つ機会が多く、マークしているとゲームも面白く観られます。

ポジション 名前 所属 学年 身長 体重
PR 川﨑 太雅 東福岡高校 3 150 98
高橋 凜 東海大仰星高校 3 173 96
津村 大志 御所実業高校 3 172 110
西村 優希 京都成章高校 3 172 100
小西 優治 東福岡高校 3 180 102
為房 慶次朗 常翔学園高校 3 180 115
HO 平石 颯 桐蔭学園高校 3 178 97
福澤 慎太郎 本郷高校 3 168 93
藤原 能 尾道高校 3 166 92
LO 安達 航洋 桐蔭学園高校 3 189 96
亀井 茜風 長崎北陽台高校 3 192 78
新屋 快 大阪桐蔭高校 3 196 108
山本 嶺二郎 京都成章高校 3 190 93
FL/No.8 小嶋 大士 日川高校 3 183 91
篠澤 輝 流通経大柏高校 3 183 90
谷山 隼大 福岡高校 3 181 77
西濱 悠太 東福岡高校 3 177 82
西林 勇登 御所実業高校 3 174 92
延原 秀飛 京都成章高校 3 182 93
村田 陣悟 京都成章高校 3 185 92
森山 雄太 東福岡高校 3 182 86
SH 大越 勇気 茗溪学園高校 3 171 66
白栄 拓也 高鍋高校 3 161 60
松井 翔 東海大仰星高校 3 162 62
山脇 一真 天理高校 3 168 69
SO 池戸 将太郎 東海大相模高校 3 180 83
伊藤 大祐 桐蔭学園高校 3 178 81
谷口 宜顕 東海大仰星高校 3 178 77
森 駿太 東福岡高校 3 171 80
CTB 岡﨑 颯馬 長崎北陽台高校 3 175 82
谷中 廉 御所実業高校 3 169 50
永山 淳 國學院久我山高校 3 188 92
廣瀬 雄也 東福岡高校 3 178 80
ポロメア・フィナウ 東海大福岡高校 3 180 98
WTB/FB 石岡 玲英 御所実業高校 3 177 68
志氣 陸王 東福岡高校 3 171 72
高本 とむ 東福岡高校 3 182 80
西川 賢哉 桐蔭学園高校 3 175 79
山口 泰輝 長崎北陽台高校 3 176 85
山田 響 報徳学園高校 3 174 73

東福岡 8人、京都成章 4人、桐蔭 4人、御所実業 4人、長崎北陽台 3人、東海大仰星 3人、高鍋高校、日川高校、常翔学園、大阪桐蔭、天理高校、東海大相模、東海大福岡、尾道高校、福岡高校、報徳学園、本郷高校、流通経大柏、國學院久我山、茗溪学園

裏話:30年前は進路先によって高校日本代表が決定していたこともありました。有力大学、有力社会人に進む選手が高校日本代表になっていました。私たちの社会人二部のチームに入社して来るのは候補だけでした。(実力は互角かそれ以上の選手もいました)

後悔しないように

僕らの高校の部活と言えば、1年生はひたすら一生懸命に頑張り、ラグビーのルールを覚えたり、プレーを覚えたりして、2年生になると、後輩をどうやってしごくかを考え、3年生の夏になると後が無いので必死にラグビーに取り組みました。つまり高校ラグビーの半分は後輩をしごくかに費やしていました。今、思うと、もっとラグビーを真剣にやっていたらなぁと後悔します。

時間を大切に使おう

地区代表となり、全国大会に向けて、やることは沢山あると思いますが、チームの結束力を高めること、仲間を信じることに時間を使いましょう。コンビネーションの確認、得意なプレーの精度の向上に力を入れることをお勧めします。寝て起きて直ぐ走る、転んで直ぐ立って起きてプレーをする、タックルをして直ぐ立ち上がってまたタックルする と言う体力の向上も期待出来ます。

ハードワーク × 信頼 = 

友達 + 感謝 + 負けない気持ち

余り…有り余る体力

好きなラグビーを通じて出来た仲間・友達、全力で闘った相手との友情、支えてくれた家族や周りの人たちへの感謝の気持ち は、一生懸命に取り組んだことへのご褒美です。優勝するチームはたったの一チームですが、全力を出し切ることでみんなが勝者です。本気で流した涙と汗はウソをつきません。

▷一回戦の結果

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする