お正月・元日の花園、ベスト8をかけた闘い

あけましてめでとうございます。

元日の花園は快晴、新春の青空の下、蹴り初めが行われました。第一グラウンドと第三グラウンドに分かれての対戦は新年早々、熱い闘いが繰り広げられました。

ライバルがいるから強くなれる。そんなことを想い出させてくれました。かつての久我山と目黒、大工大と啓光、伏見工と花園、そして京都成章、天理と御所。ラグビーの盛んな大阪でもまれ、京都、奈良でライバルとの激戦を制して花園にやって来たチームは強かったです。

1月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

▷ラグビーのカレンダー

Aシード:桐蔭学園(神奈川)、京都成章(京都)、御所実業(奈良)

Bシード:國學院大栃木(栃木)、流通経大柏(千葉)、東京(東京第1)、航空石川(石川)、中部大春日丘(愛知)、大阪桐蔭(大阪第1)、常翔学園(大阪第2)、東海大大阪仰星(大阪第3)、東福岡(福岡)、佐賀工(佐賀)

出場校

全国47都道府県から代表校が出場します。第99回大会の出場校はこちらから

試合結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第一日目(12/27)一回戦

日程 対戦 会場
1 12/27 12:00 長崎北陽台高校 53-0 桐生第一高校 第3グラウンド
2 12/27 12:00 坂出第一高校 0-29 青森山田高校 第2グラウンド
3 12/27 12:30 玉島高校 0-5 浦和高校 第1グラウンド
7 12/27 13:20 米子工高 0-82 黒沢尻工高 第2グラウンド
12 12/27 13:20 大分東明高校 35-0 飯田高校 第3グラウンド
8 12/27 13:50 熊本工高 14-36 関商工高 第1グラウンド
13 12/27 14:40 高鍋高校 14-26 札幌山の手高校 第2グラウンド
17 12/27 14:40 松山聖陵高校 38-10 旭川龍谷高校 第3グラウンド

第二日目(12/28)一回戦

日程 対戦 会場
22 12/28 10:00 尾道高校 57-7 仙台育英学園高校 第3グラウンド
28 12/28 10:00 名護高校 12-36 静岡聖光学院高校 第2グラウンド
18 12/28 11:15 報徳学園高校 162-5 山形中央高校 第1グラウンド
29 12/28 11:20 若狭東高校 36-21 郡山北工高 第3グラウンド
33 12/28 11:20 鹿児島工高 21-50 茗溪学園高校 第2グラウンド
23 12/28 12:35 山口高校 12-24 日川高校 第1グラウンド
34 12/28 12:40 城東高校 21-7 新潟工高 第2グラウンド
38 12/28 12:40 光泉高校 31-19 本郷高校 第3グラウンド
24 12/28 13:55 石見智翠館高校 132-0 富山第一高校 第1グラウンド
39 12/28 14:00 高知中央高校 24-26 秋田中央高校 第2グラウンド
40 12/28 14:00 近畿大学付属和歌山高校 5-36 朝明高校 第3グラウンド

第三日目(12/30)二回戦

日程 対戦 会場
36 12/30 9:00 城東高校 0-39 日本航空石川 第3グラウンド
31 12/30 9:30 佐賀工高 97-0 若狭東高校 第2グラウンド
42 12/30 9:30 朝明高校 0-79 御所実業高校 第1グラウンド
14 12/30 10:15 札幌山の手高校 0-19 中部大春日丘高校 第3グラウンド
25 12/30 10:45 石見智翠館高校 27-0 日川高校 第2グラウンド
41 12/30 10:45 秋田中央高校 19-21 光泉高校 第1グラウンド
15 12/30 11:30 常翔学園高校 83-5 大分東明高校 第3グラウンド
19 12/30 12:00 報徳学園高校 12-14 國學院大栃木高校 第2グラウンド
35 12/30 12:00 大阪桐蔭高校 55-12 茗溪学園高校 第1グラウンド
9 12/30 12:45 黒沢尻工高 12-57 東京高校 第3グラウンド
20 12/30 13:15 東福岡高校 100-14 松山聖陵高校 第2グラウンド
30 12/30 13:15 静岡聖光学院高校 5-56 流通経大柏高校 第1グラウンド
10 12/30 14:00 東海大仰星高校 71-7 関商工高 第3グラウンド
4 12/30 14:30 桐蔭学園高校 38-7 長崎北陽台高校 第2グラウンド
26 12/30 14:30 京都成章高校 32-14 尾道高校 第1グラウンド
5 12/30 15:15 青森山田高校 28-33 浦和高校 第3グラウンド

第四日目(1/1)三回戦

関東対決の三回戦第一試合の東のAシードの桐蔭(神奈川)とノーシードから勝ち上がった浦和(埼玉)の試合、日本一の公立進学校、秀才軍団が優勝候補相手にどのくらいやれるのかに注目しましたが、FW平均体重で95.5kgと83.5kgの12kgの差はスクラムの優劣は勿論、タックルしても倒れないでボールをつながれる、ブレイク・ダウンでは押し込まれてしまい大差がついてしまいました。得意のモールで身体のハンディをまとまりで押し込みトライが取れたのは見事でした。

同じくAシードの京都成章(京都)は1回戦は苦戦しましたが、二試合目となる三回戦もノーシードながらシード校並みの力を持っている石見智翠館(島根)との対決も接戦となりました。

東京と大阪の東西対決となった東海大仰星(大阪)と東京(東京)の対決。ボールを動かすラグビーで東京に得意のモール攻撃をさせませんでした。

高校ラグビー史上最長身と言われる2mのロックを擁する流経大柏(千葉)、ワールドカップで合宿をしたAll Blacksのロック、ホワイトロックも見上げたほどの長身。ライン・アウトで2mの人が飛ぶとサポートされて手を伸ばすと、その高さは3mにもなります。相手のスローワーにとってはかなりのプレッシャーになります。佐賀工高(佐賀)との熱戦を制しました。

今年の大阪勢はAシードがいないのが不思議に思っていました。大きな身体のFW、展開力、そつの無いプレーと上手さは健在ですが、圧倒的では無いのです。そんな常翔学園(大阪)は中部大春日丘(愛知)と接戦になりました。

キック・オフでジャンパーにタックルに入ってしまいイエロー・カードのシン・ビンとなってしまった前回優勝の大阪桐蔭(大阪)、シン・ビン明けのライン・アウトであっさりと先制トライ。自力の差が△1人くらいなのかと大差のゲームを想像しましたが、なかなかどうして。数的有利を得点に結びつけるには不足しているディフェンスの人数を把握しながら上手に攻める冷静さが必要です。少なくなった方はみんなでカバーしようと、いつも以上に必死ですから。そんな必死さが1試合通して出せれば強いと思うんですけど。だから火事場のクソ力なんですよね。

東福岡(福岡)時代が終わるかと思わせた対戦は激しいタックルが光った國學院栃木(栃木)、得意のスクラムで波に乗れなかったのが悔しい。国際試合では無いのでレフリーと言葉は通じるはずなのですが、恥ずかしがり屋なのでしょう。レフリーがもっとコミュニケーションを取って欲しかったです。

西のAシードの最後の一校、御所(奈良)は元トップ・リーガーの監督が率いる光泉(滋賀)の挑戦を受けましたが、倒れないプレーで実力を発揮。

日程 対戦 会場
6 1/1 10:30 桐蔭学園高校 78-5 浦和高校 第1グラウンド
27 1/1 10:30 京都成章高校 24-15 石見智翠館高校 第3グラウンド
11 1/1 11:55 東海大仰星高校 17-5 東京高校 第1グラウンド
32 1/1 11:55 佐賀工高 14-22 流通経大柏高校 第3グラウンド
16 1/1 13:20 常翔学園高校 19-15 中部大春日丘高校 第1グラウンド
37 1/1 13:20 大阪桐蔭高校 15-3 日本航空石川 第3グラウンド
21 1/1 14:45 東福岡高校 17-12 國學院大栃木高校 第1グラウンド
43 1/1 14:45 光泉高校 3-65 御所実業高校 第3グラウンド

予定

第五日目(1/3)準々決勝

1/1の対戦終了後に抽選で組合せ決定

関東2校、関西5校、九州1校のやはり西高東低。関東のチームが関西・九州に勝てるか、昨年の決勝戦(大阪桐蔭 vs 桐蔭)の再来となる対戦は、西のAシードと大阪勢の争いは、好ゲームが期待される楽しみな組み合わせとなりました。

日程 対戦 会場
44 1/3 10:30 流通経大柏高校 vs 東福岡高校 第1グラウンド
45 1/3 11:55 御所実業高校 vs 東海大仰星高校 第1グラウンド
46 1/3 13:20 大阪桐蔭高校 vs 桐蔭学園高校 第1グラウンド
47 1/3 14:45 京都成章高校 vs 常翔学園高校 第1グラウンド

▷準々決勝の結果

第六日目(1/5)準決勝

1/3の対戦終了後に抽選で組合せ決定

日程 対戦 会場
48 1/5 12:45 1/3の勝者 vs 1/3の勝者 第1グラウンド
49 1/5 14:30 1/3の勝者 vs 1/3の勝者 第1グラウンド

▷準決勝の結果

第七日目(1/7)決勝戦

日程 対戦 会場
50 1/7 14:00 48の勝者 vs 49の勝者 第1グラウンド

▷決勝の結果

観戦について

花園ラグビー場での高校ラグビー前売り券は、こちらiconからどうぞ。大会期間(12/27~1/7)中はいつでも一日限り使用出来ます。

大阪毎日放送(MBS)が全試合をインターネットで無料配信してくれています。県大会決勝から事前チェック出来ますのでこちらからどうぞ。

自信を胸に

負けていたら、まず1点(ラグビーの最低得点はPGかDGの3点)、そして自分たちが練習して来たプレーでトライを取ること。負けることは悔しいですが、強豪相手にトライを取れたことは、このチームでやってきたことが正しかったことの証明です。自信を持ってください。負けてしまったことは、言い訳はあるけれども事実です。ラグビーを続けて行く中で、仲間と共に解決して行きましょう。

そんなライバルの想いを背負って、ベスト8の舞台に立ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする