ラガーマンのお正月

年末年始はのんびりと寝正月。なんて人が多いのではないでしょうか。我が家の行事は仕事納めの後に数日間で大掃除。学校の部活などと都合が合えば年末のディズニーランドにもでかけたこともありました。クリスマスとお正月の間は意外に穴場で空いているんじゃないかなぁと言う期待は見事に外れました。クリスマスとお正月よりは空いているみたいですが・・・。お正月のお刺身を買いに人込みの上野のアメ横にも行きました。

そしてこの時期はスポーツも目白押しです。国民的行事のお正月の箱根駅伝、サッカーの天皇杯、そしてラグビーです。高校生は花園の全国大会大学生は大学選手権の真っ最中で好ゲームがテレビで楽しめます。秩父宮ラグビー場に観戦に行くこともあります。

かつては全国社会人大会もこの時期に開催されていて、成人の日(かつては115)に社会人と大学の優勝チームが戦う日本選手権が盛り上がっていました。V7(七連覇)を達成した新日鐵釜石のラグビー選手にとっては、日本選手権が終わってからがお正月と言っていました。トップリーグでも年末年始のゲームはありますが、成人の日の日本選手権が無くなってからは、特別では無くなってきました。

幸せな人たち

テレビで観て楽しむことが多い年末年始のラグビーですが、当然ながらプレーしている選手は一年の集大成のこの時期にピークを持ってきます。お正月返上でラグビーが出来ると言うことは全国の選手が目指している目標がかなった幸せな人たちです。テレビの向こう側とこっち側では頑張り方が違ったのです。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告

高校生

お正月を花園で過ごすと言うのが、花園に出場出来た後のひとつの目標です。全国大会の日程が一回戦1227&28日、二回戦1230日、三回戦11日、準々決勝13日、準決勝15日、決勝17日となっていてベスト16のお正月を迎えたいものです。

 

大学生

全国大学選手権の日程は試行錯誤しながら改善されてきていますが、12日の準決勝、成人の日の決勝は収益の影響もあり、継続されています。やはり準決勝まで勝ち進みお正月を迎えたいと言う気持ちが強いです。

 

中学生

あまり知られていませんが、中学生の全国大会が年末に花園で開催されています。高校の全国大会の合間をぬって1229日、1230日、1231日に全国から勝ち抜いた16チームが2ブロックに分かれてトーナメント戦を行います。全チームの順位を決めるため、全チームが3日間、3試合を行います。12月30日は高校生もゲームがあるので大阪湾に場所を移します

 

社会人(トップリーグ)

例年、年末年始もトップリーグはゲームがありますが、2019年はワールドカップがあり、日本代表強化のためスーパーラグビーサンウルブズの準備のためゲームはありません。年末年始を家族とゆっくりと過ごせるのでしょうか。

 

トップチームで無い社会人は入替戦が年を越して行われることもあり、ゲームは無いもののあまり心の休まない正月を過ごすプレーヤー、関係者もいるのではないでしょうか。

 

成人の日が日本選手権だった頃に社会人でプレーしていた私たちのチームは、勝っても負けても年末にはシーズンが終了し、地方出身者が多く帰省してのんびりと正月を過ごしていました。

 

子供や教え子がラグビーをやっていて全国大会に出場すると言う人は、現地に応援に行き、ラグビー場でお正月を過ごすと言う幸せな想い出が出来ます。

 

お正月には家族でゆっくりと過ごして贅沢なおせちを食べながら過ごしたいと言う人は、こちらから注文出来ます。年末年始を頑張った人には美味しいもので労を労ってあげたいものです。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする