大学ラグビー とは

日本ラグビーは大学ラグビーと共に発展してきました。

歴史

英国スコットランド人の英語教師エドワード・B・クラーク Edward Bramwell Clarkeが慶応義塾大学にラグビーを教えたのが、明治22年(1899年)、日本初のラグビー部。

次いで明治43年(1910年)に京都大学の前身・旧制第三高等学校にラグビー部が出来ました。

翌 明治44年(1911年)から慶応義塾大学と定期戦が始まりました。

同年、同志社大学のラグビー部が出来ました。

翌年から慶應義塾大学と定期戦が始まりました。

大正6年(1917年)に早稲田大学ラ式蹴球部(ラグビー蹴球部)が出来ました。

大正10年(1921年)に東京大学ラグビー部が出来ました。

大正12年(1923年)に明治大学ラグビー部、立教大学ラグビー部が出来ました。

大正13年(1924年)に法政大学ラグビー部が出来ました。

 

どこが強いの?

定期戦の文化が根付いて発展して来た大学ラグビーですが、昭和39年(1964年)に全国大学ラグビーフットボール選手権大会が始まりました。社会人、トップリーグと違い、4年で学生が入れ替わる大学において、9年連続で大学日本一になっているのが帝京大学。

 

関東、関西、九州のラグビー協会に分かれていて、それぞれの地域でリーグ戦を行います。各地域の上位チームが全国大会を行い、大学日本一を決めます。


昭和25年(1950年)に伝統校との定期戦が組めない新制大学で始まった全国大会は、全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会となっています。

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

 高校ラグビーは関西、九州の西日本が強いですが、大学ラグビーは関東が強いです。早慶明の伝統校の人気があり、強豪高校のプレーヤーが関東の大学に進学するためです。関東の大学で活躍するプレーヤーの半分以上は西日本出身です。そのため大学の強豪チームは関西弁が多いです。

全国各地域の試合

スポンサーリンク
Simplicity内の広告

関東ラグビーフットボール協会

関東大学対抗戦

昭和3年(1928年)に慶大、早大、東大、明大立大で対抗戦を開始。定期戦(=対抗戦)形式を重んじる伝統校のリーグ戦。1部と2部。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

1

帝京大明大慶大早大筑波大日体大青山学院大成蹊大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

2

立教大武蔵大明治学院大一橋大成城大東大上智大学習院大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

関東大学リーグ戦

昭和42年(1967年)に総当たりの実力主義を望み伝統校の対抗戦から分裂して法大中大日大専大東洋大国士舘大防衛大大東文化大でリーグ戦を発足。1部から5部。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

1

大東文化大東海大流経大法大中大日大拓大専大

平成30年(2018年)予定はこちら

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

2

関東学院大立正大東洋大國學院大山梨学院大白鷗大国士舘大朝鮮大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

3

駿河台大防衛大東京工大、東京農大、玉川大、国際武道大、首都大神奈川大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

4

横浜国立大千葉大、創価大、駒澤大、埼玉工大、東京理大、城西大獨協大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

5A

東京経大順大、千葉工大、文教大、埼玉大、桜美林大、神奈川工科大、千葉商科大横浜市立大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

5B

明星大、横浜商科大、麻布大、和光大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

地区対抗関東1

昭和56年(1981年)に設立。大学選手権を目指さない、地区対抗の東京地区。1部と2部。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

1

東京学芸大北里大東京都市大東京外大東京海洋大芝浦工大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

2

国際基督教大、合同A:電気通信大・早大理工学部、合同B:杏林大・東京電機大・東京農工大・日本社会事業大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

地区対抗関東2

昭和56年(1981年)に設立。大学選手権を目指さない、地区対抗の関東地区。トーナメントで争う。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

新潟大、日大桜工、都留文科大信州大高崎経大群馬大、上越教育大、茨城大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

東北大学リーグ

11位は大学選手権北海道・東北代表決定戦に出場、2位は地区対抗東北代表。1部~3

➜平成29年(2017年)成績はこちら

1

東北学院大八戸学院大東北大岩手大、弘前大医学部、山形大

2

東北大医学部福島県立医科大、ノースアジア大・秋田大合同、弘前大、国際教養大、日大工学部

3

秋田大医学部、福島大、岩手医科大、北里大獣医学部

北海道大学リーグ

A1、A2リーグとBトーナメント。A1/A2決勝トーナメント1位は大学選手権北海道・東北代表決定戦に出場。2位は地区対抗に出場。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

A1リーグ

北大札幌大、小樽商科大、星槎道都大

A2リーグ

酪農学園大、東京農大、旭川医科大、札幌医科大

Bトーナメント

北海学園大、北海道教育大旭川、札幌学院大・北翔大、帯広畜産大、北海道医療大、北海道教育大釧路・釧路公立大、東海大札幌、北海道科学大、札幌学院大・北翔大、北星学園大、北海道教育大岩見沢・札幌大、拓大短期

関西ラグビーフットボール協会

関西大学リーグ

昭和2年(1927年)に京大同大第三高で開始。ADリーグ。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

Aリーグ

大体大関西学院大天理大関西大立命館大近畿大同大京産大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

今なら2週間お試しで見られます! スカパー!簡単申込

Bリーグ

追手門学院大、京大花園大、大阪学院大、大阪産業大神戸大摂南大、大阪教育大、龍谷大、大阪経大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

Cリーグ

流通科学大大阪市立大大阪大関西外大、大阪国際大、大阪府立大、大阪国際大、帝塚山大、大阪工大、甲南大、佛教大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

D1リーグ

神戸市外大、大阪商大、兵庫県立大、京都工芸繊維大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

D2リーグ

和歌山大、奈良県立医科大、桃山学院大和歌山県立医科大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

D3リーグ

神戸学院大、大阪薬科大、兵庫教育大、大阪大外国語学部

➜平成30年(2018年)予定はこちら

D4リーグ

滋賀大、京都薬科大、神戸大医学部、奈良教育大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

東海学生リーグ

A1リーグ1位は大学選手権東海北陸中国四国代表決定戦に出場。A2リーグ1位は地区対抗東海北陸代表決定戦に出場。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

➜平成30年(2018年)予定はこちら

A1リーグ

朝日大名城大中京大愛工大中部大、愛知学院大

A2リーグ

名古屋学院大名古屋経大、日本福祉大、名古屋大、名古屋工大、金沢学院大

Bリーグ

愛知教育大、淑徳大、三重大、名古屋市立大、南山大、静岡大、藤田保健衛生大、東海大海洋学部

Cリーグ

愛知大、岐阜大、名古屋大医学部、静県県立大、愛知学院大歯学部、東海学園大、豊橋技術科学大

北陸大学ラグビーリーグ

1位は大学選手権東海北陸中国四国代表決定戦、地区対抗東海北陸代表決定戦に出場出来る。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

金沢大、金沢大医学部、富山大医薬学部、富山大、金沢工大、福井大、福井大医学部

中国大学ラグビーリーグ

1位と2位は地区対抗中国四国代表決定戦に出場、中国四国代表は地区対抗東海北陸・中国四国代表決定戦に出場。

徳山大環太平洋大岡山大広島大

➜平成29年(2017年)成績はこちら

四国大学ラグビーリーグ

1位と2位は地区対抗中国四国代表決定戦に出場、中国四国代表は地区対抗東海北陸・中国四国代表決定戦に出場。

➜平成29年(2017年)成績はこちら

松山大香川大高知大愛媛大

九州ラグビーフットボール協会

九州学生リーグ

➜平成29年(2017年)成績はこちら

部~Ⅲ部

Ⅰ部

日本文理大西南学院大九州共立大九州大鹿児島大福岡工大志學館大福岡大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

Ⅱ部

立命館アジア太平洋大、九州産大、大分大、琉球大、熊本大沖縄国際大長崎大宮崎大

➜平成30年(2018年)予定はこちら

Ⅲ部

福岡地区
Aリーグ

福岡教育大久留米大、九州工大、九州国際大、九州歯科大、九大医学部、北九州市立大

Bリーグ

福大医学部、福岡歯科大、九大歯学部、久大医学部、近畿大、産業理工学部、産業医科大

九州北部地区

佐賀大、佐賀大医学部、西九州大、長崎大医学部、長崎県立大

九州中部地区

熊本学園大、崇城大、東海大九州、熊本大医学部、大分大医学部

九州南部地区

宮崎大医学部、鹿屋体育大、鹿児島大医歯、鹿児島国際大

沖縄地区

名桜大、琉球大医学部

全国大学選手権大会

全国大学ラグビーフットボール選手権大会

昭和39年(1964年)に第一回大会が開催。最多優勝は早大、次いで明大、そして帝京大、関東学院大、同大、法大、慶大、大東文化大、日体大と続く。前身は東西大学対抗ラグビーで大正14年(1925年)に始まった。最多優勝は早大(9回)で次いで明大(8回)、京大(3回)、慶大(2回)、関西学院大(1回)、同大(1回)。現在の出場校は、関東大学対抗戦Aグループ上位3校、関東大学リーグ戦1部上位3校、関西大学リーグ戦Aリーグ上位3校、北海道・東北代表1校、東海・北陸・中国・四国代表1校、九州代表(九州学生リーグI部1位)1校と前年度決勝戦出場チーム所属リーグ2校の14校。

➜平成30年(2018年)予定はこちら

全国地区対抗大学大会

全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会

昭和25年(1950年)に第一回大会が全国新制大学ラグビーフットボール大会として開催、昭和28年(1953年)第四回大会から全国大学ラグビーフットボール大会に改称し、昭和41年(1966年)の第十七回大会から全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会となる。最多優勝は名城大で、次いで西南学院大、福岡大、東京都市大、そして愛知学院大、岩手大、中京大、東北学院大、鹿児島大、徳山大、甲南大、関東学院大、愛知工業大、国士舘大、東海大、関西大、日体大、青山学院大、成城大、摂南大、東京学芸大、大阪経済大、神奈川大、北海道大、白鴎大、名古屋学院大、近畿大、流通経済大、國學院大、九州産業大、中部大、龍谷大、朝日大、広島大、帝京大と続く。現在の出場校は、北海道地区(北海道大学リーグ)、東北地区(東北地区大学リーグ)、関東1区(東京都)、関東2区(新潟、群馬、栃木、茨城、千葉、山梨、長野、埼玉、神奈川)、東海北陸地区(東海学生リーグ、北陸大学リーグ)、関西地区(関西大学リーグ)、中四国地区(中国地区大学ラグビーリーグ、四国大学リーグ)、九州地区(九州学生リーグ)の8校。

➜平成30年(2018年)予定はこちら

グラウンドが無くて、公共施設を借りて練習したり、部員が足りなくて友人・知人に頼んで試合に出てもらったりとラグビーをプレーする前のことで悩むことが多いのも青春ならでは。

サッカーで人が足りないから、グラウンドに立っているだけで良いからとか、昔はライパチ君(8番ライト)で良いから野球に出てとかありましたけれど、ラグビーで何もしなくて良いからと言っても、ボールが飛んで来たり、ボールを持った相手が突っ込んで来たりしないか心配です。

ところが、ボールを取らなければタックルされないし、ボールを持った相手はトライをしたいので、わざわざ人に当たりには来ません。たまに人に当たるのが、とっても好きな人がいますが。

むしろ、昔取った杵柄。しばらく運動していないのに、トップスピードで走ろうとしたら、ブチッと肉離れなんて自爆することの方が多いので、気を付けてください。

全国各地で熱戦が繰り広げられます。近くのグラウンドで若者の頑張りを応援しに行ってみて下さい。間近で観るラグビーはぶつかり合いの迫力、躍動感ある走りはスピード感がありますよ。仲間のために身体を張るタックルも観られると思います。

ひいきのチームで無い時は、下馬評の低いチームを応援します。ひたむきなプレーに感動を貰います。

ラグビーを始めたい方
➜ラグビー・スクールはこちら
➜社会人ラグビーはこちら

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする