これからが本物。四強の争い

初戦が決勝になるかもしれない

組合せが決まった時の直感です。

三連覇を狙うニュージーランド、前王者 南アフリカ

プール分けは抽選会がある大会の二年前の世界ランキングで4チームずつのバンド分けがされて、バンド毎に抽選でプールが決まります。つまりこの時点でベスト4に入っていると、上位とは同じプールにはならないで、順当に行けば準決勝まで当たらないのです。

振り返ると、南アフリカ当時の世界ランキングは7位。ベスト4以下で、ベスト4の何処かと同じプールになるのです。➜組合せの抽選手順

組み合わせ

プール A プール B プール C プール D
アイルランド ニュージーランド イングランド オーストラリア
スコットランド 南アフリカ フランス ウェールズ
日本 イタリア アルゼンチン ジョージア
ロシア ナミビア アメリカ フィジー
サモア カナダ トンガ ウルグアイ

とは言うものの北半球も黙っている訳ではありません。前回大会の汚名返上をするため、プライドを捨てて母国の威信を取り戻してきたイングランド。世界一歴史のあるラグビー・シックスネーションでグラウンド・スラムで優勝したウェールズ。

まさに北半球の王者と南半球の王者の対決です。

準決勝組合せ

日付 KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
10月26日 17:00 横浜 イングランド C1位 ニュージーランド B1位 準決勝1  
10月27日 18:00 横浜 ウェールズ D1位 南アフリカ B2位 準決勝2  
11月1日 18:00 東京 準決勝1敗者 準決勝2敗者 3位決定戦  
11月2日 18:00 横浜 準決勝1勝者 準決勝2勝者 決勝  
スポンサーリンク
Simplicity内の広告

準決勝第一試合

イングランド 対 ニュージーランド

王者ニュージーランドとの対戦はイングランドです。事実上の決勝戦がいくつもあるのですが、そのうちのひとつです。順当な勝ち上がりの両チームで日程が決定した時点で、大方 予想出来たもののゴールデン・ゲームです。

司令塔と呼ばれるゲームを組立てるプレーヤーが後になってきています。➉フライ・ハーフ(スタンド・オフ)がゲームを組立てるのが一般的ですが、彼らの能力をより活かすために、もう少し後方からゲーム全体を見られるようにするためと相手ディフェンスからのプレッシャーを少し緩和するためにポジションを下げています。

イングランド

キャプテンのオーウェン・ファレルOwen Farrellがインサイド・センターに入り、フライ・ハーフには展開力のあるジョージ・フォード George Fordが入りキックとパス展開で攻撃の幅が出来ました。

これまでの歩み
日付
KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
9月21日 16:15 東京 フランス アルゼンチン C 23-21
9月22日 19:15 札幌 イングランド トンガ C 35-3
9月26日 19:45 神戸 イングランド アメリカ C 45-7
9月28日 13:45 花園 アルゼンチン トンガ C 28-12
10月2日 16:45 博多 フランス アメリカ C 33-9
10月5日 17:00 東京 イングランド アルゼンチン C 39-10
10月6日 16:45 熊本 フランス トンガ C 23-21
10月9日 13:45 熊谷 アルゼンチン アメリカ C 47-17
10月12日 17:15 横浜 イングランド フランス C
10月13日 14:15 花園 アメリカ トンガ C 19-31
10月19日 16:15 大分 イングランド C1位 オーストラリア D2位 準々決勝1 40-16

ニュージーランド

ボーデン・バレット Beauden Barrett、今大会三兄弟で出場しているお兄ちゃん。ダン・カーターDan Carter引退後、オール・ブラックス不動のファイブ・エース(フライ・ハーフ)と定着したが、彼の足の速さを活かすため外側のポジションであるフル・バックに起用しています。ファイブ・エースにはリッチー・モウンガ Richie Mo’ungaが入り、チョコマカとした動きで上手くはまっています。ニュージーランドではフライ・ハーフをファースト・ファイブ First Five Eighthと呼びます。(5/8の最初)

これまでの歩み
日付
KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
9月21日 18:45 横浜 ニュージーランド 南アフリカ B 23-13
9月22日 14:15 花園 イタリア ナミビア B 47-22
9月26日 16:45 博多 イタリア カナダ B 48-7
9月28日 18:45 豊田 南アフリカ ナミビア B 57-3
10月2日 19:15 大分 ニュージーランド カナダ B 63-0
10月4日 18:45 静岡 南アフリカ イタリア B 49-3
10月6日 13:45 東京 ニュージーランド ナミビア B 71-9
10月8日 19:15 神戸 南アフリカ カナダ B 66-7
10月12日 13:45 豊田 ニュージーランド イタリア B
10月13日 12:15 釜石 ナミビア カナダ B
10月19日 19:15 東京 ニュージーランド B1位 アイルランド A2位 準々決勝2 46-14

共にダブル司令塔の体制をここまで作り上げて来ました。

フォワードの力技ではイングランド、バックスの展開力ではニュージーランドに分がありそうな雰囲気ですが、やってみないと判りませんね。どっちの集中力があるかで勝負が判れる気持ちの勝負と言ってよいでしょう。ややニュージーランドが優勢かな・・・。ラグビー王国と母国の対決、イングランドのヘッド・コーチ エディ・ジョーンズ Eddie Jonesの進退がかかるゲームとなりそうです。

準決勝第二試合

ウェールズ 対 南アフリカ

六ヵ国対抗グラウンド・スラムのチャンピオン ウェールズはここまで接戦をものにして来ました。つまり実力が頭抜けている訳ではありませんが、全力を出し切るとチーム力が伸びると言われていますので、この大会で成長しているのは間違いありません。一方、南アフリカはプール二位ながら、プール一位の日本を圧倒的なパワーで粉砕しニュージーランドへのリベンジを狙っています。ウェールズとの対戦も準々決勝と同じくパワーとスピードの対決となりそうです。

ウェールズ

ウェールズはフォワードが滅茶苦茶強い訳でもなく、バックスが抜群の展開力を持つ訳でもなく、キックがズバ抜けている訳ではありませんが、良くまとまった良いチームです。フォワードの核として気持ちで引っ張るキャプテン アラン・ウィン・ジョーンズ Alun Wyn Jonesを筆頭に良く走り、サポートします。又、勝利の女神に恵まれています。

これまでの歩み
日付
KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
9月21日 13:45 札幌 オーストラリア フィジー D 39-21
9月23日 19:15 豊田 ウェールズ ジョージア D 43-14
9月25日 14:15 釜石 フィジー ウルグアイ D 27-30
9月29日 14:15 熊谷 ジョージア ウルグアイ D 33-7
9月29日 14:15 東京 オーストラリア ウェールズ D 25-29
10月3日 14:15 花園 ジョージア フィジー D 10-45
10月5日 14:15 大分 オーストラリア ウルグアイ D 45-10
10月9日 18:45 大分 ウェールズ フィジー D 29-17
10月11日 19:15 静岡 オーストラリア ジョージア D 27-8
10月13日 17:15 熊本 ウェールズ ウルグアイ D 35-13
10月20日 16:15 大分 ウェールズ D1位 フランス C2位 準々決勝3 20-19

南アフリカ

南アフリカの大きくて力持ちの身体を活かした力強いフォワードの重圧に加え、今大会はバックスのディフェンス・ラインの前に出る圧力が機能しています。相手バックスは出足の鋭いディフェンス・ラインをすれ違いのパスで抜くか、裏へのキックで活路を見出しますが成功したのは初戦のオール・ブラックスだけ。高いスキルと判断力、そして周りのプレーヤーの同調が求められます。

これまでの歩み
日付
KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
9月21日 18:45 横浜 ニュージーランド 南アフリカ B 23-13
9月22日 14:15 花園 イタリア ナミビア B 47-22
9月26日 16:45 博多 イタリア カナダ B 48-7
9月28日 18:45 豊田 南アフリカ ナミビア B 57-3
10月2日 19:15 大分 ニュージーランド カナダ B 63-0
10月4日 18:45 静岡 南アフリカ イタリア B 49-3
10月6日 13:45 東京 ニュージーランド ナミビア B 71-9
10月8日 19:15 神戸 南アフリカ カナダ B 66-7
10月12日 13:45 豊田 ニュージーランド イタリア B
10月13日 12:15 釜石 ナミビア カナダ B
10月20日 19:15 東京 日本 A1位 南アフリカ B2位 準々決勝4 3-26

勝運のある古豪ウェールズに南アフリカが圧し掛かると言う展開を想像しますが、お互い気持ちの我慢比べになりそうで気持ちが切れなかった方が勝ち切りそうです。ウェールズ復活を期待したいですが、力で押し切りそうか・・・。

ジンクス

優勝チームは全勝。プール戦で負けたチームの優勝は過去ありません。

アイルランドはベスト8止まり。と言う過去も顕在でした。

でも三回連続優勝したチームはいないと言う過去は、前回、連続優勝したチームはいないと言う過去を破ったニュージーランド、連続優勝したヘッド・コーチもいませんので合わせて新しい歴史を創るのか。

今後の予定

決勝進出をかけた大一番に注目です。

ラグビー観るならスカパー

オンデマンドでの配信。▷無料トライアル実施中!<U-NEXT>

日付 KO 場所 対戦 対戦 プール 結果
10月26日 17:00 横浜 イングランド C1位 ニュージーランド B1位 準決勝1  
10月27日 18:00 横浜 ウェールズ D1位 南アフリカ B2位 準決勝2  
11月1日 18:00 東京 準決勝1敗者 準決勝2敗者 3位決定戦  
11月2日 18:00 横浜 準決勝1勝者 準決勝2勝者 決勝  
スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする