ラグビー界のエガちゃん

サンウルブズを応援していたら、怒涛の追い上げ、ハットトリックの大活躍で気になったウイングの選手のトライ後の仕草が「えっ」と見間違いかと思いましたが、二度、三度と見るうちに確信に変わりました。

トライした後に、汽車のパフォーマンスです。あぁ近鉄の選手だからかとも思いましたが・・・。そうです、あのストロング・スタイルでお馴染みのポーズじゃないですか。

一目見たその瞬間から、やっぱり、そっくりな人はいるものです。ワラターズ戦で3トライ、レベルズ戦で2トライの活躍をしたセミシ・マシレワを紹介します。

強い足腰と瞬発力が持ち味です。トライした後のポーズが意識してのものなのか、エガちゃんを真似ています。顔の造りも同じです。

フィジー出身のニュージーランド育ち、農業の盛んなマナワツの高校を卒業し、クラブチームでプレーをして、2016にスーパーラグビーに出場しました。

2017年から近鉄ライナーズでプレーしています。サンウルブスには2018年から選出されています。残念ながら2019年ラグビー・ワールドカップには滞在期間が足りなく日本代表での出場は出来ません。

本人と比較してみました。

氏名 江頭2:50 セミシ・マシレワ
江頭秀晴 Semisi Masirewa
生年月日 1965年7月1日 1992年6月9日
出身地

佐賀県神埼郡千代田町

(現在、神埼市)

フィジー、タベウニ

Taveuni, Fiji

出身校 九州産業大学経済学部経済学科中退 フィールディング高校
Feilding High School Manawatu, NZ
身長 178cm 184cm
体重 60kg 94 kg
所属 1988- 大川興業 2011-13ワイカト(NZ)

2014-15マナワツ(NZ)

2016-17ウェスタン・フォース

(スーパーラグビー、

オーストラリア、パース)

2017-   近鉄ライナーズ

2018-  サンウルブス

ポジション ウイング、フルバック

さすがに見間違えることはありませんが。

サンウルブズ

ラグビー・ワールドカップ2019

更に残念なことにサンウルブスを応援出来るのも今年だけとのこと。雄姿を心に焼き付けておきましょう。

サンウルブス、マレシワの活躍はもちろん、トライ後のパフォーマンスにも注目してみてください。

スポンサーリンク
Simplicity内の広告
Simplicity内の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicity内の広告